「キャンプ・家電・ガジェット情報」発信中!

悩んだら、進め。

ブログ

ブログ記事の外注化を失敗した5つの理由【メリット・デメリット共に紹介】

投稿日:

ブログ記事を外注化しようと思っているそこのあなた。

 

5分だけ時間をくれませんか?

記事を外注する前にぜひ読んで頂きたいです!

 

記事を書くのが好きな人でも少しは頭をよぎったことがあるでしょう

「誰か代わりに記事書いてくれないかなー」と夢のような妄想。

 

特に夜中の執筆作業となると

仕事で疲れきった体では、なかなか記事が書けない時ってありますよね。

 

自分のブログだからネタ探しから記事の執筆まで自分でやりたい!

とは思うのですが、如何せんスピードが遅く1日1記事の亀の歩み….

 

そういった時に「記事の外注化」は眩しく見えるものです。

 

ヤスシ
まぁ自分は外注化に失敗してるんですけどね(笑)

 

「結局ブログ記事の外注化に失敗してるんかいっ!」

 

って笑ってくれたらそれだけで本望です!

 

それでは自分がブログ記事の外注化に失敗した5つの理由をご紹介します!

ブログ記事を外注化をご検討中の人の参考になれば嬉しいです!




ブログ記事の外注化に失敗した5つの理由

  • キーワード(SEO)に関する知識がなかった
  • 記事のタイトル、見出し、構成を任せきりにしていた
  • 経験、実績のあるライターを雇えなかった
  • 頼んだ記事にほとんど修正を入れなかった
  • そもそもサイトのジャンル選定を間違えた

以上が外注化に失敗した5つの理由です。

詳しくご説明していきます!

キーワード(SEO)に関する知識がなかった

何と言ってもこの「キーワード(SEO)に関する知識がなかった」ということが、ブログ記事の外注化に失敗した1番の要素じゃないかと思います。

 

今はクラウドソーシングが一般的に広まったので、記事の外注化は比較的容易にできます。

 

ライティング会社であれば、Shinobiライティング、サグーワークスなんかが有名ですよね。

 

ネットで「ライティング 外注」と検索するばゴマンと会社が出てきます。

ライターも星の数ほどいるし、会社も多い。

 

そんな中 外注化するにあたって必要なスキルが「キーワード選定(SEOスキル)」です。

  • どんな人に
  • どんな記事を
  • どのキーワードを通して届けるのか

これらを選定するのが外注化に必要なスキルです。

 

始めたばかりの自分にはもちろんそんなスキルはなくて

ヤスシ
ビッグキーワードだけ指定していい感じに記事を書いて!

のような超絶アバウトは依頼の仕方をしていました。

 

今考えるとありえないとは思うのですが、当時は特に疑いもせずに依頼してましたね。

 

当時依頼したライターさんには悪いことしたなと今では思っています......

 

記事を外注化する時には

「どんな人に」=ペルソナ(人物像)

「どんな記事を」=タイトル・見出し・内容

「どのキーワードを」=キーワード選定

を決めて、正しく依頼するのが大切です!

記事のタイトル、見出し、構成を任せきりにしていた

キーワード選定もろくにしないで外注化していたので、記事のタイトル、見出し、構成もほとんど丸投げしていました。

もちろん外注するライターによりスキルや知識がまちまちなので

「この記事めちゃくちゃ良記事!」だったり「うぅーん....まぁ...こんなもんか....」など品質のばらつきは凄まじかったです。

 

こちらもキーワードと同じように、知識がなかったのでほとんどを外注ライターさんに任せていたのですが

もうめちゃくちゃですよね。。。。。

 

「タイトル・見出し・構成」

 

これってブログで超大事な核の部分じゃないですか。

それを適当に人任せにしていたなんて当時の自分がアホすぎて泣けてくる.....

 

中には全部任せても大丈夫なライターさんもいましたが、それを見分けることができるようになったのもブログ知識が増えてきてからのことです。

 

記事を外注化する時には

記事のタイトル・見出し共にキーワード選定の知識が必要不可欠

構成に関しては「結論→内容補足→まとめ→誘導」のスタンダードな流れに統一することで改善されます!

経験、実績のあるライターを雇えなかった

ブログ記事を外注化していた時は、主にクラウドソーシングでライターさんを雇っていました。

 

自分は断然ランサーズ派ですね!(UIが使いやすい)

 

登録しているライターさんのレベルも様々で、有名メディアに記事掲載されている人や、ブログ運営月間PV何十万、ライター初心者といったように色んな人と出会うことができます。

 

ライター選定で失敗したと思った最大の原因は

「単価の安いライターだけを選んでいた」ことです。

 

クラウドソーシングのライター単価は結構飽和していて

  • 「1文字単価=0.3円」修正無制限
  • 「1文字単価=0.5円」即日納品

など どう考えても安すぎるライターも存在します。

 

そうです。この単価の安さに目が眩んだ自分は

ヤスシ
0.5円で2000文字=1000円! いけるやん!

と思ったわけです。

 

「100記事依頼して10万なら、余裕で回収できるっしょ(笑)」

と短絡的な考えをしていた当時の自分をしばき倒したい.....

 

もちろん単価が0.5円なのでほとんどが素人に毛が生えた程度の駆け出しライターさんばかりでした。

記事の出来は言わないでもわかりますよね?

 

大した指示もできない自分と未熟な駆け出しライターが合わさるわけです。

 

そうです。駄記事の量産です(笑)

 

もう笑うしかない.....

 

その後も何度か外注化をしてみましたが

文字単価=3円以上

を指標にすると、「できるライター」と「できないライター」を線引きすることができると肌感覚では感じました!

 

資金に余裕があるのなら

文字単価=10円以上の優良なライターにSEOやキーワードも含めて、一緒に記事を作り上げていくのをおすすめします!

※単価が安くても優良なライターはいますし、逆に単価が高くても使えないライターはいるので必ず実績を見てから依頼を決めましょう!

頼んだ記事にほとんど修正を入れなかった

ブログ記事を外注して初めて感じたのは

「大量に発注したら確認するだけで大変だ....」

でした。

 

1日に5本〜8本くらい納品するペースだったので、確認する本数も自ずと増えてきました。

そんな当時の自分ができることはたったひとつ

 

「特に確認しないでOKする」

 

もうね。あれですよ。

ドブに金捨ててる状態ってこういうことをいうんですね。

 

ほぼノーチェックで記事を依頼していた結果

  • 文字を間違える(誤字・脱字)
  • 内容がズレまくってる
  • 指定した文字数に達していない

など散々な記事のオンパレード。

 

合わせて、0.5円以下という低単価で依頼していたのもあって、修正をお願いしずらいっていうのもありました。

 

今なら断言できます。

「依頼した内容にそぐわない記事なら容赦無く修正を入れる」

これ絶対大事です。

 

単価が低い駆け出しライターの方でも、文書のまとめ方や表現方法、キーワードの使い方が上手な人もいます。

 

そういったライターを見つけたら

「一緒に成長していく」というのも全然あり!

高圧的な態度で修正を入れても、やる気を削ぐだけになるので要注意です!

 

逆にできないライターに当たった場合は、その取引以降、依頼しなければいいのでシビアですが、これが最前かと思います!

そもそもサイトのジャンル選定を間違えた

ブログを始める人が最初に悩むであろう「ジャンル選定」

  • 他の人に比べて知識持っているジャンル
  • 他の人に比べて経験があるジャンル
  • 興味がある・挑戦したいと思えるジャンル

これらを含めジャンル選定をすることが多いかと思いますが、当時の自分はひとつ重要な要素を抜かしていました。

 

それは

「検索量が多いジャンルかどうか」です。

 

検索量が多いジャンルといえば

  • ダイエット・健康
  • 美容
  • 金融・投資・保険
  • 旅行

など名だたる競合ジャンルがありますが、それを避けたいがために

「ニッチジャンル」を目指したつもりでした。

 

ですが、その「ニッチジャンル」の選び方が間違っていたので、そもそもの検索量が少なくPVも見込みずらいサイトになってしまったのが失敗の要因です。

 

そもそもPVを集めたい! アフィリエイトで制約したい!とほぼほぼ不順な動機で始めたのも良くなかった.....

 

PVが少なくても収益をあげる方法はあるし、アフィリエイトの選び方にしても色々やりようはある。

当時の自分はわからなくてもしょうがないけど、もう少し調べてから選ばなかったのは大きな反省点です。

 

ジャンル選定は外注化をするのも、自分で記事を書くのも、収益化の仕組みを作るにも関わってくる重要なポイントなので、しっかりと調べてから決めても良いと思います!

ブログ記事の外注化【メリット・デメリット】

ブログ記事の外注化「メリット」

  • 自分に時間を使わず記事を作れる
  • 作業時間を大幅に短縮できる
  • うまく仕組みを作れば収入の自動化が可能
  • 自身にライティングスキルが無くてもブログで稼げる可能性がある
  • ジャンルを問わず様々な記事を作れる
  • 記事を量産できるスピードが早い
  • 短期間でブログ記事をアップできる
  • 優良なライターと出会うことができる

ブログ記事の外注化「デメリット」

  • 依頼料が発生する(外注費)
  • ライターのレベルがまちまち
  • 大量依頼が可能だが確認が大変になる
  • 納期が守られない可能性がある
  • 対人コミュニケーションが苦手な人は向かない

まとめ

今回はブログ記事の外注化を失敗した5つの理由とメリット・デメリットをご紹介しました!

失敗のほとんどは「自分の成長」によって防ぐことができます。

 

ヤスシ
人に記事を書いてもらうので、管理する力「ディレクション能力」は必須ってことですね!

 

ブログの記事を外注化したいと考えている人は、これらをふまえて挑戦してみてはいかがでしょうか?

-ブログ

Copyright© 悩んだら、進め。 , 2019 All Rights Reserved.