「キャンプ・家電・ガジェット情報」発信中!

悩んだら、進め。

アウトドアオフィス キャンプ

スノーピークお墨付き!アウトドアオフィスで働き方に革命を! フリーランスをより自由に楽しむ

更新日:

キャンプをしながら仕事をするデザイナー

スズキヤスシです。

 

フリーのグラフィックデザイナーになって4年目。俺はついにひとつ上のステージに到達した。

広告代理店の製作部でデザイン業界に入ったのが約10年前。会社員時代には考えもしなかった働き方を今体現している。

フリーランスで仕事をしている人は多いけど、俺みたいに外で仕事をしてる人は少ないんじゃないかな。

「は?外で仕事? スタバでドヤってるだけやろ???」

「フリーランスって響きだけでイキリやがって どうせ大したことしてないんだろ?」

みたいに思った人!正直に言いなさい! 怒らないから!

でもね、おそらくあなたの思ってる「外で仕事」とはちょっと違う。実際に写真がこちら

どうですか?外で仕事ってカフェやコワーキングスペースで仕事だと思いませんでしたか??

そうなんです。「外で仕事」というのは写真から分かる通りキャンプをしながら「外」で仕事をするスタイルのことなんです。

よくよく調べてみたら、日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー「スノーピーク」系列でアウトドアインテリアを活用した屋外オフィスと会社をクラウドで連携しキャンプによる社員研修など新しいワークスタイル体験提供している「スノーピークビジネスソリューションズ」がアウトドアで働き方改革として推奨しているようです。

「え...... 俺....... めっちゃ最先端の働き方じゃね?」

ってことで今回はアウトドアオフィス で仕事をすることで得られるメリットなどスノーピークビジネスソリューションズの取り組みも合わせて紹介させていただきます。




アウトドアオフィスのメリット

開放感が半端じゃない

働くことで制限されることは思ったより多いです。時間や場所に拘束されたり、働くことに飽きて気分転換もしずらいことってあるよね。

その点アウトドアオフィスは文字通りアウトドアで仕事をするスタイルだから基本は「外」。

部屋も壁も何にもない。アウトドアオフィスってもともと企業がアウトドアを取り入れて仕事をするってことからきてるスタイルだから同僚や上司も一緒だろうし、コミュニケーション円滑化として用いられてることも多い。

俺みたいにフリーランスでこのスタイルで仕事してるって見かけないけど、基本1人だから開放感を独り占めできるのもいい。

最近流行ってるソロキャンプなんかは自分のやりたいことだけに集中できるから人気なんだろうね。それに近い感覚。

好きな音楽を流しながらハンモックで寝そべって本読むなんてことも全然できちゃう。

これ仕事中にできるからね。そりゃハマっちゃう。

クリエイティブ思考になれる

これは特にデザインとかやってる人に言えることだけど、淡々とした作業をすることよりも考える時間って結構多い。

コンセプトやレイアウトなどどうやったらよりいいものを作ることができるのか考える。

気分転換に外に出て散歩したり、タバコ休憩挟んだりするのも必要だけど、現実的に働く場所がガラッと変わると違ったインスピレーションが発生しやすくなる気がしてる。

実際に家で5時間考えて進まなかった仕事が外でやったら30分で終わったなんてこともリアルにあった。

これも自然のパワーか。まじでアウトドアオフィスやった方いいよ。一般企業もちょっと社員に目を向けたら新しい働き方を見つけることができるんじゃないのかな。

それで生産性やクオリティが上がれば万々歳じゃないか。もちろんお金はかかるけど。

ご飯が美味しい

はい。これはそのまんま。外で食べるご飯は美味しいです。ソロキャンプ仕様のシングルバーナーで作る袋麺なんかは家で食べるより5倍は上手いんじゃないかなと思う。

あと寒い時に飲むホットココアとか。コンビニ弁当とか既製品ももちろん美味しいけど、実際に調理することで食事がより楽しくなったりするのはすごいメリットだと思う。

食後のコーヒーとか自販機で買うんじゃなくてシェラカップにコーヒー入れてバーナーで温めて飲む。

この手間だったりめんどくさいなってことも楽しめるのがアウトドアの魅力だしアウトドアオフィスのメリット

ストレスコントロールができる

フリーランス4年目に突入して仕事量も安定してきたと思ったら売り上げがガクッと下がる時もある。

いつもならそういったことがストレスで体調を崩したり、不機嫌になったりしていた。

フリーランスいえば聞えはいいが 実際に会社を登記している訳でもなく事務所も自宅の一室を使っている感じ。 昔はそんな中で家でずっと制作していたんだけどやっぱり忙しい時とか繁忙期とかあるとピリピリしちゃう。

会社員時代は同僚や仲間たちと愚痴言い合ったり 協力して頑張ったりしてたことが 全部一人で消化しなければならない状況になった。

そんな状態で家で仕事をしているとネガティブな感情とかストレスとか周りに向いちゃう。

だから 環境を変えたい、家族に迷惑をかけたくない(仕事で発生するストレスとかの影響)って思った。

それで実際に外で働いてみると非日常的な環境で仕事をしているからか、日常でストレスを感じることが本当に減った。

環境の力を借りてストレスをコントロールすることが容易にできるようになるのもアウトドアオフィスのメリット。

[originalsc]

アウトドアオフィス 事例

スノーピークビジネスソリューションズが提供するアウトドアオフィスで実証実験をした企業の声です。

面白法人カヤック

横浜DeNAベイスターズ

相鉄アーバンクリエイツ

崎陽軒

実証した企業はなかなかチャレンジだよね。こういった企業が増えてくればもっともっと活気が出てくるんじゃないか日本。

ここまで読まれてどうでしょう。ちょっと興味出てきました?フリーの人なら今すぐにでもできますが会社員の方はなかなか難しいかもしれませんがこう言った情報は企業に届いて欲しいですよね。

次はこのアウトドアオフィスのプロジェクトを提供しているスノーピークビジネスソリューションズについて書いていきます。

スポンサーリンク

スノーピークビジネスソリューションズとは

引用

企業にとって最も重要な資産である「人」を健全に成長させること。そこで働く「人と人」が「心でつながるチーム」をつくること。それこそが未来に備える最善の方策なのです。 豊かな自然には、人間が本来持っているイマジネーションやインスピレーションを喚起する力があります。技術が進歩するほど、生活が便利になるほど失われていく大切なもの。それは自然を身近に感じることで補い、回復することができます。社員の間に蔓延する閉塞感と失望感。このままではいけない、でも解決方法がわからない。そんな企業にぜひご提案したい、新しい働き方があります。 osoto(オソト)〜Outdoor Small Office/Third Office〜それはシンプルですが、大きな一歩となりうる、家族・仲間・自然とつながる新しいワークスタイル。「仕事ってこんなに楽しいものだったんだ」と社員が毎日、目を輝かせて働いている姿を想像してみてください。 この新発想で、日本のオフィスに風穴をあけ、気持ちのいい働き方を取り戻し、企業が抱える様々な問題を根本から解決する、それが私たちスノーピークビジネスソリューションズのミッションです。

とあるように自然と繋がることでより気持ちのいい働き方を提供したいってことでなんですね。

なにこれ。めっちゃ良い会社。より取り組み。

さすがスノーピーク。みんな大好きスノーピーク。

osotoとは

「自然と、仕事が、うまくいく」を掲げ、ワークスタイル変革のための3つのアクションを指します。

osotoサービス詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか。仕事が忙しくどうしようもなくなった時、これまでの働き方を変えて外で働くようになりました。

いざ実践してみるとパソコンやキャンプギアなど揃えるものが多くて初期投資が結構かかりましたが、この働き方をすることでより楽しんで仕事に取り組むことができています。

同業者の友人は普通に家で仕事をしている。 もちろんそれが普通だし悪いとは思わない。

ただ どこかで無理がきてモヤモヤがずっと続いたり身体が調子悪くなったりしたら ぜひ 外に出て見るのをオススメしたい。

別にフリーランスじゃなくても会社員でも一緒。

いつでも環境は変えられるし、自分も変われる。

今から変えて見ませんか?




-アウトドアオフィス, キャンプ

Copyright© 悩んだら、進め。 , 2020 All Rights Reserved.