「キャンプ・家電・ガジェット情報」発信中!

悩んだら、進め。

家電・ガジェット

失敗しないワイヤレス充電器の選び方「置き方別」メリット・デメリット

投稿日:

毎日使うスマホ。

動画を見るものゲームをするのも、ニュースを見るもの、最近は全部スマホでできちゃいますよね。

 

便利なスマホ生活に重大な欠点があるとしたら

それは「充電しないと使えない」ことではないでしょうか。

 

ここまで便利なスマホなのに

「ずっと使ってるから、1日1回は必ず充電しないといけない.....」

という、充電問題を悩みにもつ人も多いはず。

 

ましてや

  • 「有線ケーブルでの充電....邪魔すぎる.....」
  • 「充電しながらスマホを使うと手に当たって操作がしにくい」
  • 「よくケーブルが断線するので、コストがかかりすぎる」など

様々な問題がありますよね。

 

そんな悩みを解決するのが

ケーブルを使わない無線充電「ワイヤレス充電」です。

 

まずはワイヤレス充電を選ぶときに重要なポイントを確認していきましょう!

失敗しないワイヤレス充電器の選び方

  • スマホがワイヤレス充電(Qi規格)対応機種か調べる
  • 置き方(スタンド型・平置き型・持ち運び(モバイル)型)から選ぶ

この3つの選び方を基準に選べば、間違いなく生活にフィットしたワイヤレス充電器を選ぶことができます!

 

最近の機種はほとんどが対応しているのですが

ワイヤレス充電を使っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

もしまだ有線ケーブルを使用していて、ワイヤレス充電を経験したことがない人であれば、断言できます。

 

ヤスシ
ワイヤレス充電、快適すぎ!

それぞれ詳しく説明していきます!




スマホがワイヤレス充電(Qi規格)対応機種か調べる

ワイヤレス充電器を使う場合は、まずはスマホがワイヤレス充電(Qi規格)対応機種か調べることから始めます。

iPhoneよりアンドロイド端末の方がQi(チー)規格対応機種が多いですが、昔の機種では対応していない可能性があるので

  • 「手持ちのスマホ機種名+ワイヤレス充電」
  • 「手持ちのスマホ機種名+Qi充電」

などで検索をして、ワイヤレス充電(Qi規格)に対応しているか調べましょう。

iPhoneのワイヤレス充電(Qi規格)対応機種については以下をご参照ください

iPhoneのワイヤレス充電(Qi規格)対応機種

  • iPhone 11
  • iPhone11 pro
  • iPhone11 pro max
  • iPhoneX
  • iPhoneXS
  • iPhoneXR
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus

iPhoneはワイヤレス充電(Qi規格)対応の導入が遅かったので、iPhone7より前のモデルに関しては非対応です



置き方(スタンド型・平置き型・持ち運び(モバイル)型)から選ぶ

ワイヤレス充電器は主に

  • スタンド型
  • 平置き型
  • 持ち運び(モバイル)型

に分けることができます。

メインとなる使い方(置き方)によって、選びましょう!

スタンド型のメリット・デメリット

ワイヤレス充電器の中で1番おすすめしたいのがスタンド型です。

充電をしながらスマホを操作しやすいスタンド型は、スマホスタンドとしても活用できるので動画を見ながら充電することもできるのがポイントです。

スマホスタンドとして使用する場合は、横置きにする必要があるので

スタンド型を選ぶ際は「縦置き・横置き両方充電可能」なものを選ぶことをおすすめします!

「スタンド型」ワイヤレス充電器のメリット

  • 充電しながら使用することができる
  • 充電しながら通知が見やすい
  • スマホスタンドとして使用できる
  • 充電器に置いた時ズレにくい(安定感がある)

「スタンド型」ワイヤレス充電器のデメリット

  • 持ち運びがしにくい(かさ張る)
  • 平置き型・持ち運び(モバイル)型に比べて価格が高いものが多い
  • 床に置いて使用する場合は邪魔になりやすい(ぶつかって倒れやすい)

ヤスシ
スタンド型のおすすめは「Anker PowerWave 7.5 Stand」もちろん充電は縦・横両方可能です!

Anker PowerWave 7.5 Standは評価数1000(平均評価★4)を超えるモンスタークラスの高評価ワイヤレス充電器。

iPhone最大7.5W・アンドロイド端末最大10Wの急速充電タイプ。

「低価格・高コスパ・高性能」個人的に最強のワイヤレス充電器だと思っています!



平置き型のメリット・デメリット

ワイヤレス充電器の中で、低価格な商品が多いのが平置き型。

ワイヤレス充電がで始めた頃に、「スマホを置くだけで充電ができる」として、人気を集めました。

 

個人的には断然スタンド派(デスクでのパソコンワークが多いため)なのですが

寝室やリビングなどに設置したい人や、複数購入したい人には平置き型がおすすめです!

特にベッドサイド(枕の横など)に設置が個人的に一番理想的かなと思います。

 

平置き型は「スマホを充電しながら使うのは難しい」ので、お気をつけください。

「平置き型」ワイヤレス充電器のメリット

  • 低価格の商品が多いので複数購入しやすい
  • スタンド型とは違い、平置きなのでスマホ転倒の危険性が少ない
  • ワイヤレス充電機のスタンダードなタイプなので種類が多い
  • 薄いタイプが多いので持ち運びしやすい

「平置き型」ワイヤレス充電器のデメリット

  • 充電しながらスマホを使用するのが難しい
  • コンパクトなので充電可能領域が小さくなりがち(単コイル)でシビア
  • スマホに通知が来た時に見辛い
  • 平置きなのでFace ID・顔認証が難しい

ヤスシ
平置き型のおすすめは「NANAMI Qi急速 ワイヤレス充電器」

平置き型は種類が多いので、選ぶのに苦労しますが、低価格でなおかつ高品質なNANAMIのワイヤレス充電器がおすすめ。

特に複数購入を考えている方は、嬉しい所ではないでしょうか。

 

リビング・自室・寝室と複数箇所に常設しておけば、それぞれの生活シーンの中で自然に充電することができます。

また表面全体がマットな素材を採用しているので、スマホが滑ってズレるのを防いでくれるのもポイント高い!

 

充電状態を光で知らせてくれるのも目立たないですが、ユーザーの使いやすさを意識した作りになっています!

「iPhoneでは7.5W・アンドロイド端末最大10Wの急速充電対応」安いのに高スペックなのも魅力的。



持ち運び(モバイル)型のメリット・デメリット

持ち運びができるワイヤレス充電器。

用途的には外出先や旅行先などで活躍するタイプです。

一般的なモバイルバッテリーにワイヤレス充電機能がついた商品です。

基本的には平置きと同様の使い方になりますが、1番の違いは

「モバイルバッテリー」としての機能が備わっている所です。

「持ち運び(モバイル)型」ワイヤレス充電器のメリット

  • 持ち運びがしやすい
  • 外出先でコンセントがなくてもスマホ充電ができる
  • モバイルバッテリーとしての用途としても使える(USB有線充電)
  • 複数台を同時に充電することができる(USBポートを使用)

「持ち運び(モバイル)型」ワイヤレス充電器のデメリット

  • 基本はモバイルバッテリーなので常設が難しい
  • 本体の充電が切れると使えない(本体充電の手間がある)
  • モバイルバッテリーの機能とワイヤレス充電器の機能が備わっているので価格が高くなりがち

ヤスシ
持ち運び(モバイル)型のおすすめは「TSUNEO ワイヤレス充電 モバイルバッテリー Qi」

モバイルバッテリーにワイヤレス充電器がプラスされているので、無線と有線両方でスマホ充電することができます。

「10000mAh大容量・3台同時充電可」の多様性が魅力です!

まとめ

今回は

失敗しないワイヤレス充電器の選び方「置き方別」メリット・デメリット

としてご紹介しました。

それぞれ用途が違うので「利用シーンに合わせて使い分ける」のが、快適なワイヤレス充電ライフをおくる秘訣かと思います!

  1. 机・テーブル・デスクワークには「スタンド型」
  2. 寝室、枕横、ベッドサイドには「平置き型」
  3. 旅行、外出先での使用は「持ち運び(モバイル)型」

自身はこの組み合わせでしているのですが、快適すぎて、もうワイヤレス充電器がない生活なんて考えられません!

有線ケーブルを使っている方は、これを機会に試してみてはいかがでしょうか?



-家電・ガジェット

Copyright© 悩んだら、進め。 , 2019 All Rights Reserved.