「キャンプ・家電・ガジェット情報」発信中!

悩んだら、進め。

キャンプ

冬の超人気商品!ワークマンおすすめ靴(ブーツ)3選【コスパ最高・おしゃれ】アウトドア好き必見!

更新日:

キャンプとブログと音楽があれば人生幸せ。スズキヤスシです。

 

ワークマンプラスの快進撃は止まりません!

ワークマンの時価総額が7,000億円を突破し

マクドナルド、三菱自動車、コナミを抜いたようで....もう勢いがやばい!

 

  • 圧倒的なコスパを実現した、低価格・高品質の商品
  • 幅広い年代、男性・女性を問わず魅了する高いデザイン性

ファストファッションの雄

ユニクロの牙城をどんどん崩していくワークマンプラス。

そんなワークマンプラスから続々と冬用の新商品が出ています!

 

しまむらパトロール略して「しまパト」が流行ったように

ワークマンパトロール略して「ワクパト」も流行っていくのでしょうか??

 

ヤスシ
多くが2000円以下で購入できる商品が多く、全部買ってしまいそうですが....

種類が豊富で選ぶのも大変でしたが、その中でこの冬に買って損なしの商品を3つ選んでみました!

冬の超人気商品!ワークマンおすすめ靴(ブーツ)3選

  • 裏ボア付きLIGHT(ライト) スリッポン
  • 防寒トレッドモック(冬)
  • 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

詳しくご紹介していきます!




裏ボア付きLIGHT(ライト) スリッポン

2019年の夏、多くのキャンパー、ワークマン女子から絶大な支持を得たLIGHT(ライト) スリッポン。

その冬バージョンが「裏ボア付き」LIGHT(ライト) スリッポンです!

前作同様、リュックなどに入れて持ち運びができるシューズで、かかとを踏みながらでも履くことが可能な万能仕様は健在。

冬の防寒対策として裏ボアがついたことにより、保温性が格段に上がりました!

通常のLIGHT(ライト) スリッポンは軽量約160g(Lサイズ)となっており、ボアがついた分若干重量は増えましたが

性能を考えたら十分許容範囲ではないでしょうか!

カラーバリエーションはネイビーとブラウンの2色。

ヤスシ
販売価格は税込1,900円の激高コスパが嬉しいですね!

「裏ボア付きLIGHT(ライト) スリッポン」のおすすめポイントは?

LIGHT(ライト) スリッポンのベビーユーザーで今年の夏は3色購入してヘビロテしていたわけですが

  • 急な雨に対応する撥水加工
  • リュックなどに収納できるので持ち運びが楽々
  • かかとを踏んでも履くことが可能
  • ベルトでフィット感が調整できる

このポイントを踏襲しつつ、裏ボア付きLIGHT(ライト) スリッポンのおすすめポイントといえば

なんといっても「裏ボア」付きなところではないでしょうか!

名前の通りそのまんまなのですが、この「裏ボア」あるとないとでは履き心地が段違い!

冬用ということもあって、しっかりと温かいのは裏ボアがあるおかげ。

寒い日でも足元が冷えないので超おすすめです!

「裏ボア付きLIGHT(ライト) スリッポン」の利用シーンは?

踵を踏んでも履ける仕様なので、どんなシーンでも使い勝手の良い靴です。

外出用にはもちろんですが、ルームシューズとして利用している人も多く、「外出用」「室内用」と2つ購入するものアリですね!

大判の収納袋付きなので、持ち運びも簡単にできるので、室内でのイベントなどでも重宝するかと思います。

ヤスシ
体育館やホールなど足元が冷える室内での「裏ボア」はありがたい!

ワークマンの公式オンラインストアにはまだ出てないようなので店舗で購入を!

詳しくはこちら



防寒トレッドモック(冬)

インスタ・ワークマン女子に人気が高い防寒トレッドモック(冬)。

シンプルなデザインと確かな履き心地、中わた入りなので保温性が高いのも魅力です!

 

ワークマンの冬用シューズの中でも特にカラーバリエーションが多く、様々なファッションに合わせることができる多様性がも人気の要因です!

  • ブラック
  • カーキ
  • レッド
  • ターコイズ
ヤスシ
安いので二足買いもできちゃう!迷いますねー!

インソールが約1cmあるので、履き心地、歩き心地がよく

「ちょっとコンビニへ買い物」みたいな時にも使えます。

 

「サンダルだと寒いし、いちいち靴を履くのもなー」

って時ありませんか?

 

履きやすいけどダサい靴は流石に.....って時にぴったり!

デザイン的にも性能的にも普段履きができるのも嬉しいですよね!

 

ヤスシ
販売価格は税込1,500円!驚異のコスパです!

「防寒トレッドモック(冬)」のおすすめポイントは?

防寒トレッドモックのおすすめポイントは

  • 撥水加工
  • 中わた入りで保温性抜群
  • かかとが踏める仕様
  • 肉厚インソール
  • 軽量
  • 男女兼用

様々ありますが、やはり肉厚のインソールを使用していることでの履き心地、歩き心地の良さではないでしょうか!

価格が税込1,500円なので複数購入してファンションに応じてカラーバリエーションが楽しめるのもポイントだと思います。

デザインもシンプルで男女兼用、サイズも幅広いので普段使いからキャンプのようなアウトドアシーンなどカップルで使い回したりするのも面白いかと!

「防寒トレッドモック(冬)」の利用シーンは?

主に普段履き、ルームシューズとして使えます。

撥水加工なので、アウトドアなどの野外活動でもある程度の雨には耐えられますが、あくまでも「撥水」なので過度な期待は厳禁です!

水を弾く機能(撥水加工)を持っていますが、水滴がついた状態で押さえつけたり、大量の水分にさらされたりすると、生地の隙間から染み込んでくる可能性があるのでご注意ください。

カラーバリエーションが4色あるので、複数購入しても財布に優しいのが良いですね!

ヤスシ
ブラックとカーキは特に男女ともに使いやすいのでgood!

詳しくはこちら



防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

ワークマンの防水ブーツとして支持を受けている「ケベック」

安価でありながら耐久性が高く、雪が深い地域でフルシーズン使っても耐えられる高品質なブーツです。

雪の上でも滑りにくい防水防寒ブーツの秘密は、靴底に施された「WMアイスソール」

 

ワークマンオリジナルの靴底でグラスファイバーを配合することで、雪上でも滑りにくくなっています!

無縫製の仕様なのでレインブーツ並みの高い防水性があるのも魅力の一つです。

ヤスシ
販売価格は税込2,900円! 雪上での転倒防止として1足常備しておきたいところです!

「防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)」のおすすめポイントは?

ここまで低価格で性能の高いブーツは少ないので、価格が1番のポイントと言ってもいいのですが

やはり雪の上でも滑りにくい「WMアイスソール」を搭載しているところではないでしょうか!

 

通常のケベックとケベックNEOを比較すると

ケベック=撥水加工・防水(設置面から4cm)

ケベックNEO=防水(ほぼ全域)・防寒・WMアイスソール搭載

となっているので、全てのスペックがケベックの上位互換となっています。

 

価格もデザインも違うので一概にはいえませんが、防寒・防水を必要とするシーンでは絶対的にケベックネオに軍配が上がります!

 

空気の層がたまりやすい、高保温性のボール状の中わたを使用しているので保温性も高いのが魅力です!

寒い日でも足元が冷えないので超おすすめ!

「防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)」の利用シーンは?

防寒・防水ブーツで滑りにくいWMアイスソールを使用しているので、断然「雪道」での利用が一番効果的です!

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツで雪山に行く時にも重宝すること間違いなし!

肉厚のインソールと中わたのおかげで保温性が保たれるので、雪の日、寒い日、雨の日、もちろんアウトドアでも使えるスペックの高さです!

ヤスシ
履き心地が良いので、今年のスノボはケベックNEOが活躍しそうです!

合わせて読みたい!

まとめ

今回は

冬の超人気商品!ワークマンおすすめ靴(ブーツ)3選【コスパ最高&おしゃれ】アウトドア好き必見!

としてご紹介しました!

キャンパーからじわじわと人気が出てきたワークマンですが、普段使いできる(タウンユース)デザインのものが多いので、アウトドアをしない人でもおしゃれに着こなせるアイテムが多数あります!

 

お近くに店舗がある方はぜひ一度足を運んでみてください!

店舗が人は公式オンラインストアをチェック必須です!!!!

 

ヤスシ
ワークマンの靴(ブーツ)で寒い冬を乗り切りましょう!

-キャンプ

Copyright© 悩んだら、進め。 , 2019 All Rights Reserved.